fc2ブログ

【AI株投資】 この3銘柄以外に投資するな!

【AI株投資】 この3銘柄以外に投資するな!(第4,679回更新)

こんにちはー!
億女育成コーチのベトカブです!


☆最新情報はX(旧Twitter)でつぶやいています
↓↓↓
フォロワー1万人超!私のXはこちらです



thumbnail_IMG_3631.jpg


これがAIブームに乗るための3銘柄!
今すぐ無料動画で大注目の銘柄情報をゲットしよう!


50年以上前に投資会社を設立した米国株レジェンド、マーティン・ワイス氏。彼が来日して行った投資家向け講演の中で、「AIブームに乗って資産を増やしたいなら、この3銘柄に投資しておけば、おそらく問題ないでしょう」と言いました。

1つ目はAIの性能を決めるハードウェアの一部で、シェア95%を握るとされる企業。数多くの米国株アナリストがこの銘柄を「AIブームの勝者銘柄」と評価しています。

2つ目はAIの頭脳とも言えるソフトウェアに強みを持つ企業。7年も前からAIに取り組み続け、今年のAIブームの火付け役とも言える存在です。

3つ目はAIの栄養素とも言えるビッグデータを支配する企業。この企業は世界中のユーザーの行動データを保有し、あのアップルでさえ頼らざるを得ない存在です。

ワイス氏は今回の講演のため、元マイクロソフトの投資アナリストやビッグデータの専門家、AIを日常的に使いこなす若い世代とディスカッションを重ね、50年以上の投資経験から「AIブームの大本命3銘柄」を選び抜きました。

講演動画の22分ごろに3銘柄の名前が明かされています。今すぐ講演動画を無料で見て、「AIブームの大本命3銘柄」を確認してください。

↓↓↓↓↓↓↓↓PR
無料動画はこちらです!



ゆかまるさんイラスト

今年はお金と真剣に向き合いませんか!

●億り人によるお金の個人面談
↓↓↓↓↓↓↓
お金のスマイル面談!お年玉価格は1/31迄


●お茶会&質問会in沖縄
↓↓↓↓↓↓↓
1/29~31、沖縄でお会いしましょう!


スポンサーサイト



最高ランク米国株25銘柄!もう、ゲットされましたか?

最高ランク米国株25銘柄!もう、ゲットされましたか?(第4,671回更新)

こんにちはー!
億女育成コーチのベトカブです!


☆最新情報はX(旧Twitter)でつぶやいています
↓↓↓
フォロワー1万人超!私のXはこちらです


ゆかまるさんイラスト


2024y01m13d_191123211.jpg


SBI証券が公表する「米国株保有人数ランキング」1位のアップル。既に投資している人も多いのではないでしょうか?そんな人気銘柄アップルに、もし10年前投資していたら100万円が約1006万円に、、、素晴らしいリターンですね。

ですが、アメリカで50年以上の歴史を持つ投資会社Weiss Ratingsが買い推奨した時にアップルに投資していれば、もっと多くのリターンを得られていたのです…

Weiss Ratingsがアップルを”買い推奨”したのは2004年9月27日。これは初代iPhoneが発売されるよりも前、投資の神様と言われるウォーレン・バフェットが投資する10年以上も前の話です。

もしその時投資していたら、100万円が約2億7400万円に…Weiss Ratingsはバフェットが気づくよりも前からアップルの可能性に気づいていたのです。

そんなWeiss Ratingsは、米国株に投資する日本人のために「最高ランク米国株25銘柄」を無料公開しました。この無料レポートでは、Weiss Ratingsが1万銘柄以上あるほぼ全ての米国株を徹底的に分析し、最も「今投資すべき」と認められた上位25銘柄を紹介しています。

残念ながら、この無料レポートにアップルは入っていません。アップルの可能性により早く気づき ”買い推奨” した実績のあるWeiss Ratingsが、アップルよりも投資すべきと認めた高評価銘柄を、今すぐ確認してください。

ちなみに、、、今月上位25銘柄にランクインしたのは、手術器具の滅菌カバーというニッチな業界で、数十年にわたりトップに君臨し続けてきたリーダー企業。同社はトップの地位をさらに盤石にするため、ここ2年で同業他社3社を買収。直近1年で純利益を2.6倍に伸ばし、直近の買収から株価は150%以上も成長。

日本では話題にならない、アップル超え評価のニッチ企業の正体を今すぐ確認してください。メールアドレスを登録するだけで、無料で知ることができます。

↓↓↓↓↓↓↓PR
無料レポートはこちらです



ゆかまるさんイラスト

今年はお金と真剣に向き合いませんか!

●億り人によるお金の個人面談
↓↓↓↓↓↓↓
お年玉企画!お金のスマイル面談、9,900円!


●1/27(土)開催!マネーお茶会&質問会@ZOOM
↓↓↓↓↓↓↓
詳細&申込みはこちら!


円高は米国株投資の好機!

円高は米国株投資の好機!(第4,657回更新)

こんにちはー!
億女育成コーチのベトカブです!


☆最新情報はX(旧Twitter)でつぶやいています
↓↓↓
フォロワー1万人超!私のXはこちらです


ゆかまるさんイラスト



2023y10m25d_092315348.jpg

今年は日米金利差の縮小で円高が予想されています。円高は米国株に投資する好機となりますので、年初に銘柄を研究しておくのが大事ですね。そこで優良銘柄情報を無料で得られるレポートをご紹介します。

【大富豪の投資術】
10年後も持ち続けたい配当王米国株 厳選3銘柄 無料レポート


●新NISAで投資可能
●持ってるだけで年12回の配当収入
●日本にはない50年連続増配株
↓↓↓PR
無料レポートはこちらです


<無料レポートで得られるもの>

🌈老後は配当金に働いてもらえばいい
🌈厳選した配当王3銘柄
🌈初心者向け目的別シミュレーション
🌈学校で教えてくれなかったダブル複利
🌈配当王3銘柄は6万円で買える


無料でこれらの情報を得られるのは神レベル。しかも登録はメールアドレスのみなので、しつこい電話勧誘もありません。

今すぐ無料で銘柄情報をゲットしましょう♪
↓↓↓PR
無料レポートはこちらです



ゆかまるさんイラスト

今年はお金と真剣に向き合いませんか!

●億り人によるお金の個人面談
↓↓↓↓↓↓↓
お年玉企画!お金のスマイル面談、9,900円!


いよいよ1/8(祝)東京開催!
マネーお茶会の参加者募集中です!

↓↓↓
【第16回】マネーお茶会💛@東京


NISAの適用範囲が大幅拡大 投資限度1800万円、恒久的制度に

NISAの適用範囲が大幅拡大 投資限度1800万円、恒久的制度に(第4,276回更新)

こんにちはー!
個人投資家でセミリタイア生活を満喫中のベトカブです!
最新情報はツイッターでつぶやいています!

ゆかまるさんイラスト


現在ご提供中のサービスはこちらです。

●家計改善&お金のコンサル
累計受講者300名超の人気サービスです。オンライン(ZOOM)で行います。顔出し不要なので安心してご受講頂けます。費用は格安の5千円(60分間)です。下記フォームのメッセージ欄に「コンサル希望」とお書き下さい。折り返し詳細のご案内を致します。※お名前は仮名でもOKです
↓↓↓ 
お申込みはこちらから

お客様の声を沢山頂いています
↓↓↓
お客様の声

●オンラインコミュニティ
Facebookグループ、「女性のためのマネー塾」を運営しています。お金に関する知識をアップデートできる場所です。参加者様同士の交流も楽しめます。費用は無料ですので、お気軽にご参加下さい。(女性限定・招待制です)
↓↓↓
女性のためのマネー塾

コミュニティへの参加は簡単2ステップ!
↓↓↓
①「ベトカブ」に友達登録を申請
②「女性のためのマネー塾参加希望」とメッセージ送信

ゆかまるさんイラスト


ついに与党税制大綱がまとまりました!新NISA制度について朝日新聞デジタルの記事を転載します。

 2023年度の与党税制改正大綱が16日、まとまった。

 投資信託などの運用益に税金がかからないNISA(少額投資非課税制度)は、2024年から適用範囲を大幅に拡大する。年間の投資上限額を今の2~3倍の水準に引き上げ、現在の「つみたて型」と「一般型」を併用できるように一本化する。生涯の投資限度額は1800万円になる。

 NISAは投資で得た利益にかかる約20%の税金がゼロになる時限措置。低リスクの投資信託が対象の「つみたて型」と、上場株式などへの投資ができる「一般型」がある。それぞれ、年40万円を上限に20年間(最大800万円)、年120万円を上限に5年間(最大600万円)の適用枠があり、併用はできなかった。

24年1月からは、2種類を併用できるようにし、つみたて型の上限額を3倍の年120万円に拡大。一般型は「成長投資枠」に名称を変え、2倍の年240万円にする。生涯の限度額は富裕層に恩恵が偏らないように1800万円(成長投資枠は1200万円まで)とした。対象年齢は18歳以上だ。

 これまでは投資した商品を売却した場合、限度額のうちその分は使い切った形になっていたが、新制度では再利用を認める。時限措置ではなく恒久的な制度となり、5年や20年といった非課税期間の制限はなくなる。


新NISA


決定内容はほぼ事前に流れた情報通りでしたが、一度売却したNISA枠が再利用できるのはとても嬉しいですね!また株式を買える成長投資枠が現在の2倍の1,200万円に決定した点も見逃せません。

つまり、今後は元本1,200万円までは非課税で配当金が貰えます。配当収入でセミリタイア生活を送っている私にとって非常に大きなメリットです。これからは高配当株投資が更に魅力を増していくでしょう。

新NISAを活用して賢く資産を増やしていきたいですね!


<お知らせ>

12/26(月)21時~新NISAを活用した高配当株セミナーを開催します!詳細はこちらをチェック!

↓↓↓
緊急開催!新NISAを活用した高配当株投資セミナー!

NISA生涯投資、上限1800万円へ…「つみたて」は3倍の年120万円に拡大

NISA生涯投資、上限1800万円へ…「つみたて」は3倍の年120万円に拡大(第4,272回更新)

こんにちはー!
個人投資家でセミリタイア生活を満喫中のベトカブです!
最新情報はツイッターでつぶやいています!

ゆかまるさんイラスト


現在ご提供中のサービスはこちらです。

●家計改善&お金のコンサル
累計受講者300名超の人気サービスです。オンライン(ZOOM)で行います。顔出し不要なので安心してご受講頂けます。費用は格安の5千円(60分間)です。下記フォームのメッセージ欄に「コンサル希望」とお書き下さい。折り返し詳細のご案内を致します。※お名前は仮名でもOKです
↓↓↓ 
お申込みはこちらから

お客様の声を沢山頂いています
↓↓↓
お客様の声

●オンラインコミュニティ
Facebookグループ、「女性のためのマネー塾」を運営しています。お金に関する知識をアップデートできる場所です。参加者様同士の交流も楽しめます。費用は無料ですので、お気軽にご参加下さい。(女性限定・招待制です)
↓↓↓
女性のためのマネー塾

コミュニティへの参加は簡単2ステップ!
↓↓↓
①「ベトカブ」に友達登録を申請
②「女性のためのマネー塾参加希望」とメッセージ送信

ゆかまるさんイラスト


関心事だった新NISAの投資上限額が1,800万円になりそうです。
読売新聞オンラインの記事を転載します。

NISA生涯投資、上限1800万円へ…「つみたて」は3倍の年120万円に拡大

 政府・与党は投資信託などの運用益が非課税になる「NISA」(少額投資非課税制度)について、つみたて型と一般型の運用を一体化した上で、生涯の投資上限額を1800万円を軸に設定する調整に入った。つみたて型の年間投資枠は40万円から3倍の120万円に拡大する方向だ。

 NISAは、株式にも投資できる「一般NISA」と、投信のみで中長期の資産形成に向く「つみたてNISA」がある。新たな制度では、よりわかりやすい仕組みとするため両者の運用を一体化。一般は「成長投資枠(仮称)」に衣替えし、つみたての投資枠の一部として利用できるようにする。

 成長投資枠の生涯上限額は全体の3分の2の1200万円、年間の投資枠は一般型の2倍の240万円とする方向だ。24年から制度を恒久化し、非課税期間は無期限とする。

 12日の自民党税制調査会の幹部会合では、生涯の投資上限額は1500万円、成長投資枠の上限はその半分の750万円とする案が検討されていた。その後の政府との調整で、上限額が積み増された模様だ。


ソース元はこちら


当初出てきた情報は、株式が買える成長投資枠の生涯上限が750万円、年間投資枠が120円とかなりショボかったですが、大きく改善された模様です。現在の一般型NISA枠が600万円、年間投資枠は120万円なので、それぞれ倍増された形ですね。私は高配当株投資家なので投資枠をMAX使って無税の配当金を貰う計画です。

しかしながら、NISAのお手本となったイギリスのISAの年間投資上限額は2万ポンド(335万円)です。投資期間は無期限で、永久に毎年2万ポンドを積み上げていくことが可能です。日本のNISA制度も今後は更に拡充して欲しいですね。

完璧ではありませんが、かなり「マシ」になったので良かったです!

2022y12m13d_023558580.jpg


NISA恒久化の政府案、与党が受け入れ

NISA恒久化の政府案、与党が受け入れ(第4,264回更新)

こんにちはー!
個人投資家でセミリタイア生活を満喫中のベトカブです!
最新情報はツイッターでつぶやいています!

ゆかまるさんイラスト


現在ご提供中のサービスはこちらです。

●家計改善&お金のコンサル
累計受講者300名超の人気サービスです。オンライン(ZOOM)で行います。顔出し不要なので安心してご受講頂けます。費用は格安の5千円(60分間)です。下記フォームのメッセージ欄に「コンサル希望」とお書き下さい。折り返し詳細のご案内を致します。※お名前は仮名でもOKです
↓↓↓ 
お申込みはこちらから

お客様の声を沢山頂いています
↓↓↓
お客様の声

●オンラインコミュニティ
Facebookグループ、「女性のためのマネー塾」を運営しています。お金に関する知識をアップデートできる場所です。参加者様同士の交流も楽しめます。費用は無料ですので、お気軽にご参加下さい。(女性限定・招待制です)
↓↓↓
女性のためのマネー塾

コミュニティへの参加は簡単2ステップ!
↓↓↓
①「ベトカブ」に友達登録を申請
②「女性のためのマネー塾参加希望」とメッセージ送信

ゆかまるさんイラスト

ついにNISAの恒久化が決定しそうです!
日経新聞電子版のニュース記事をご覧ください。


「NISA恒久化の政府案、与党が受け入れ」

政府・与党は少額投資非課税制度(NISA)を恒久化する方針を固めた。非課税で投資できる期間を無期限にする。NISAは投資信託に限った「つみたて型」と国内外の上場株などに幅広く投資できる一般型がある。政府はいずれも無期限にする案をまとめた。一般型の恒久化について慎重な意見があった与党の税制調査会も政府の方針を大筋で受け入れた。

12月にまとめる2023年度与党税制改正大綱に盛り込む。恒久化した新制...


ソース元はこちらです

これは嬉しいですね!

通常配当金には20%が課税されますがNISA口座なら非課税です。しかし現状は5年間の期間限定です。非課税期間が無期限となれば、配当金でセミリタイア生活を送っている私にとって大変嬉しい政策です。

これを踏まえた私の関心事は、

①投資上限額はいくらになるのか?(現状600万円)
②NISA拡充の引き換えに増税されないか?(現状20%)

この2点です。

特に現状20%の金融所得課税が25%や30%に引き上げられる懸念があります。リスクを取って株式投資をしているので、これ以上の増税は勘弁して欲しいものです。

とにかく今後のNISAに関するニュースに大注目ですね!


夏休みにワンランク上のお金の教養を身に付けよう

夏休みにワンランク上のお金の教養を身に付けよう(第1,938回更新)

いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に記事を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


資産運用は意外と地味な作業です。

一度投資をするとほとんどやることが無くなります。

大事なのは常にモチベーションを保つ事です。


そんな私は定期的にお金に関するセミナーに参加しています。

セミナーに参加すると「また頑張ろう!」と刺激を受けます。

夏休みには株式投資の体験学習会に参加する予定です。


皆さんもセミナーに参加して投資モチベーションを上げませんか。
















国内初!マネックス証券が米国ETF手数料実質無料プログラム「ゼロETF」を開始

国内初!マネックス証券が米国ETF手数料実質無料プログラム「ゼロETF」を開始(第1,761回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に記事を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


衝撃のニュースです!

マネックス証券が国内初の米国ETF手数料実質無料プログラム「ゼロETF」を開始しました。

2017y03m01d_082636971.jpg

以下マネックス証券のニュースリリースです。

ゼロETFとは?

プログラム対象ETFの米国株取引手数料(売買ともに)を実質無料といたします(取引日の翌月末までに、お客様の外国株取引口座に米ドルでキャッシュバックいたします)。

プログラム開始時の対象ETFはこちらです


ETFのメリットは何といっても信託報酬が割安なこと。

加えて売買手数料まで無料になると更にお得ですね。

海外ETFを始める敷居が大きく下がりました。

これは大いに検討する価値がありそうです。

興味のある方はさっそくマネックス証券に口座を開設をしましょう!








<経済対策>事業規模20兆円超で調整 景気下支え

<経済対策>事業規模20兆円超で調整 景気下支え(第1,538回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。



政府がまとめる経済対策が20兆円を超える規模になりそうです。

まずはヤフーニュースの記事をご覧下さい。


<経済対策>事業規模20兆円超で調整 景気下支え

政府が新たにまとめる経済対策の事業規模を20兆円超で調整していることが20日、分かった。当初は10兆円超の見込みだったが、倍増させる。追加の財政支出は3兆円超(国・地方の合計)として、残りは財政投融資や民間事業を積み増してかさ上げする。事業規模を膨らませ、景気下支えに本腰を入れる姿勢を示す狙いがあるとみられる。

政府は今後、与党と調整を進め、来月上旬にも経済対策を閣議決定して、裏付けとなる2016年度第2次補正予算案を秋の臨時国会に提出する方針。与党内には一層の上積みを求める声もあり、規模がさらに膨らむ可能性もある。

事業規模20兆円超の内訳は、国・地方の追加の財政支出が3兆円超▽国が低利で民間事業に長期融資などを行う財政投融資が最大6兆円程度▽国の補助を受けて民間企業が行う事業が6兆円程度▽財政投融資とは別に政府系金融機関が手がける融資が5兆円程度--となる見込み。

複数年度にまたがる民間事業を含めることで見かけ上の規模を大きくする。追加の財政支出の財源は、建設国債(使途を公共事業などに限る国債)を1兆円超発行するほか、低金利に伴う国債の利払い費の減少分などで賄う方針だ。

追加の財政支出はインフラ整備が主体となり、訪日客拡大に向けた地方の港湾整備や、農産物の輸出拠点設置などを行う。財政投融資はリニア中央新幹線の大阪延伸前倒しに約3兆円、整備新幹線の建設に約8000億円を充てる。英国の欧州連合(EU)離脱に伴う金融市場の混乱を防ぐため、政府系金融機関を通じた民間企業へのドル資金融資も行う。【小倉祥徳】

ソース元はこちら


このニュースが功を奏したのか、昨日は株高・円安になりました。

日本の景気回復には財政政策と金融政策の両方の矢が必要です。

政策が良い方向に向かうことを祈っています!!



来年から対象者大幅拡大!確定拠出年金を研究しよう!

5月に注目の確定拠出年金法(DC法)改正案が成立しました。今回の確定拠出年金法改正は、2001年10月にスタートしたDC法の抜本的な改正を伴うもので、来年からは基本的に誰でも加入できるようになります。

詳しくは日経新聞電子版のニュースをご覧下さい。

確定拠出型年金法案成立



私の会社には確定給付型の企業年金制度があるため、これまで個人型確定拠出年金には加入できませんでした。しかし来年からは晴れて私も加入できることになります。


確定拠出型年金は税制面のメリットが絶大です。


1 支払った掛け金が全額所得控除

掛金は限度額の上限は年間144,000円

僕の場合は所得税の税額が20%なので、年間で144,000円×20%=28,800円も税金が安くなる計算です。資産運用ための拠出金が税額控除になるとは夢のような制度です。


2 運用益が非課税

運用期間中の運用益にも課税されません。税金で引かれるはずの金額も運用に回せますので複利効果は絶大です。


3 受取時にも税制優遇処置

受取時は税金上「退職金」や「年金」扱いになります。一定金額が控除されるので、節税効果が高まります。


以上3つのメリットから個人型確定拠出年金はとても魅力的です。

さっそく圧倒的低コストのSBI証券に資料請求をしてみました。










いよいよ今夜、注目の英国民投票

いよいよ今夜、注目の英国民投票(第1,509回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。



EU離脱か?残留か?

いよいよ今夜、注目の英国民投票が実施されます。


もしもEU離脱となれば、投資家心理が悪化→世界同時株安の流れとなるでしょう。

円高が更に進み、ドル円は100円を割り込むとも言われています。


一方残留となった場合は流れは逆。

世界的な株高→円安に向かうでしょう。


私は投資家ですので、英国がEUに残留されることを望みます。

とにかく今夜始まる英国民投票は大注目ですね。



メガバンク金利の60倍!マネックス社債に投資しよう!

メガバンク金利の60倍!マネックス社債に投資しよう!(第1,468回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


2016y05m10d_232128175.jpg


4大ネット証券の一角、マネックスグループの社債が発売されています。

まずは、下記の詳細をご覧下さい。


2016y05m10d_232206287.jpg


お勧めポイントは下記の4点です。

・年利0.6%は大手メガバンクのスーパー定期預金の何と60倍。

・1年満期なので発行体の破たんリスクは極めて低い。

・1万円単位なので敷居が低い。

・抽選ではなく、先着順なので、確実に申し込みができる。


この社債の条件は破格ですね。

今すぐマネックス証券に口座を開設しましょう。


口座開設は下記バナーから最短10分で完了します。





ついに民主政権が始動!ミャンマー株投資なら大儲けできる!

ついに民主政権が始動!ミャンマー株投資なら大儲けできる!(第1,452回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


ついにミャンマーで民主政権が始動しました。

首都ヤンゴンでは証券取引所が開設され、いよいよ株式投資の環境が整ってきました。

実際に世界中がミャンマーの高い経済成長に注目をしています。

まずは、日経新聞電子版の記事をご覧下さい。


「対ミャンマー投資18%増 15年度、石油・ガス関連けん引 」
2016/4/ 20 0:59 日本経済新聞 電子版

ヤンゴン=松井基一】ミャンマーの2015年度(15年4月~16年3月)の外国直接投資受け入れ額(認可ベース)は前年度比18%増の約94億8100万ドル(約1兆400億円)と過去2番目の高さとなった。石油・ガス関連への投資がけん引した。文民政権が半世紀ぶりに誕生するのを前に経済成長への期待が高まり、外国から投資が流れ込んだ。

ミャンマーの投資企業管理局(DICA)がこのほど統計をまとめた。記録の…



投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


ミャンマーでは民主化が始まったばかりで、日本の明治時代のようなイメージです。

ミャンマーの株式市場開設の情報は、一般的にはほとんど知られていません。

従って今なら莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


しかし投資を行う際に大事なのは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

たとえ今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

メルマガ登録は下記バナーからどうぞ。





ヤンゴン証取が取引開始、投資ブームに期待

ヤンゴン証取が取引開始、投資ブームに期待(第1,432回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


ついにミャンマーで株式取引がスタートしました。

まずは日経新聞電子版の記事をご覧下さい。


「ヤンゴン証取が取引開始、投資ブームに期待」

ミャンマー初の証券市場、ヤンゴン証券取引所(YSX)が25日、取引を始めた。不動産開発のファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)が上場第1号銘柄となった。資産運用手段が限られ、タンス預金の層が厚いミャンマー。投資ブームの兆しが見えるとともに、企業による資金調達の道の整備に向けた一歩を踏み出した。


ソース元:日経新聞電子版



投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その昔、トヨタやソニーに投資をしていれば、今では株価が何十倍にもなったのと同じ論理です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


ミャンマーでは民主化が始まったばかりで、日本の明治時代のようなイメージです。

ミャンマーの株式市場開設の情報は、一般的にはほとんど知られていません。

従って今なら莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


投資を行う際に大切なのは、まずは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

メルマガ登録は下記バナーからどうぞ。





アジア最後のフロンティア、ミャンマー株で10倍返しを狙おう!

アジア最後のフロンティア、ミャンマー株で10倍返しを狙おう!(第1,392回更新)

いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越し下さい。



アジア最後のフロンティア市場と呼ばれているミャンマー。

昨年の秋に待望の証券取引所が設立されました。


投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その昔、トヨタやソニーに投資をしていれば、今では株価が何十倍にもなったのと同じ論理です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


ミャンマーでは民主化が始まったばかりで、日本の明治時代のようなイメージです。

ミャンマーの株式市場開設の情報は、一般的にはほとんど知られていません。

よって今なら莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


投資を行う際に大切なのは、まずは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

メルマガ登録は下記バナーからどうぞ。





ミャンマー初の証券取引所がオープン!先駆者利益で10倍返しを狙おう!

ミャンマー初の証券取引所がオープン!先駆者利益で10倍返しを狙おう!(第1,362回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


ミャンマーはここ2年で急速に近代化を進めています。ミャンマーは軍事政権から民主的選挙で選ばれた政権への変革とともに、記録的な外国からの投資の導引などのステップを進めてきました。この東南アジアの国は最近さらに発展への一歩を進めました。2015年12月9日にミャンマー初となるヤンゴン証券取引所が公式に発足しました。

これは急速に変革するミャンマーにとって歴史的なポイントとなるものです。外国からの投資がほぼゼロと閉鎖されていた国が、2014年から2015年の年度には記録的な80億米ドル(約9700億円)のFDI(外国直接投資)を導引しました。コカコーラやコルゲート・パーモリーブ社、三菱、テレノール社といった世界企業が新興中の消費者ブームによるポテンシャルをフルに実現するために競って投資しています。

もっと最近ではミャンマー史上で類を見ないほど公正な選挙によって国民に人気の高いアウン・サン・スーチー氏が大勝を収めました。退職官僚がほとんどを占め、長く続いた与党と、少数派政党に対する圧勝でした。これほど公正に選挙を実現できたことは全世界から賞賛されています・・・

ソース元:
http://www.investasian.jp/2015/12/23/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%B3%E8%A8%BC%E5%88%B8%E5%8F%96%E5%BC%95%E6%89%80-%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%AB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3/



アジア最後のフロンティア市場と呼ばれているミャンマー。

そのミャンマーで待望の証券取引所が設立されました。


投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


ミャンマーでは民主化が始まったばかりで、日本の明治時代のようなイメージです。

ミャンマーの株式市場開設の情報は、一般的にはほとんど知られていません。

今なら莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


しかし投資を行う際に大事なのは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

たとえ今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

興味のある方は、まずはメルマガ登録からはじめましょう。





待ってました!SBI債が年率1.42%で募集開始!

待ってました!SBI債が年率1.42%で募集開始!(第1,348回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


待望のSBI債の募集が始まりました!

2016y01m12d_234057176.jpg


今回は年率1.42%の高利回り。

1年満期なのでリスクが低いのも人気の秘密です。



2016y01m12d_234134245.jpg


大人気ゆえ、今回も抽選制です。

抽選申込期間(ネットのみ)
2016/1/13(水)12:00~2016/1/15(金)15:00


超低金利の今、これだけの好条件は群を抜いています。

しかも毎回いきなり告知が来て2~3日後に締め切られてしまいます。


この社債を買うにはSBI証券に口座を持っていることが絶対条件です。

SBI証券に口座を持っている方は、ぜひ抽選に参加しましょう。

発売の告知をされてから口座開設を申し込んでも間に合いませんので、まだ口座を持っていない方は、次回の起債に備えて、今のうちにSBI証券の口座開設を済ませておきましょう。


口座開設はこちらからどうぞ。




年収3000万でも“下っ端”! 本物のお金持ちは「財布が4つ」

年収3000万でも“下っ端”! 本物のお金持ちは「財布が4つ」(第1,323回更新)

いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


プレジデントオンラインで興味深い記事を見つけました。

年収3000万でも“下っ端”! 本物のお金持ちは「財布が4つ」


記事を要約すると、

・富裕層はお財布を4つ持っている。それは、個人の事業収入、不動産収入、配当収入、給与収入の4種類。

・財布が「給与収入」の1つだけしかないサラリーマンは将来が不安定。

・給与収入以外の財布は、作り出そうと思えば今からでも準備可能。


私はこの考え方に大きく共感します。

財布が一つしかないと、その財布に生活の全てを頼ることになります。

財布を沢山持つことが将来の安定につながるのです。

ちなみに今の僕の財布は、

・給与収入
・投資信託の分配金収入
・FXのスワップ収入
・配当金収入(主に中国株とベトナム株)
・投資用マンションの家賃収入
・ポイントサイトからの副収入

さてあなたは今財布をいくつ持っていますか?



<まずは月1万円を安定的に稼ぎ出すお財布を作ろう!>

お財布の一つとして、手軽にお小遣を稼げるポイントサイトの活用をお勧めします。

数あるポイントサイトの中でも特にお勧めなのは「ポイントタウン」です。


ポイントタウンは他のサイトに比べて有利な点数多くあります。

例えば、

貯めたポイントを100円から交換可能
他のサイトでは最低交換単位が500円や1,000円のものが多い。

各種交換手数料が無料
電子マネーは各種ポイントへの交換手数料が無料。これは嬉しい。

無料でポイントが貰えるコンテンツが充実
クリックするだけ・ゲームに参加するだけ・アンケートに答えるだけ等、無料でポイントが貰えるコンテンツが充実。

ダブルポイントを獲得できる
楽天市場や各種ネットショッピングを利用すると、楽天スーパーポイント等の獲得はもちろん、ポイントタウンのポイントも貰えるのでWでお得。

ランク制度でボーナスポイントが貰える
利用額に応じてランクが上がり、毎月のポイント+○○%のボーナスが貰える。

安心のJIPC加入
お小遣いサイト運営会社として最大手に位置。JIPCに加入等はしっかりと行っています。母体は一部上場のGMO。



ポイントタウンなら毎月1万程度のお小遣いを安定的に稼げます。

登録は無料なので持っておいて損のないサイトです。

皆さんのお財布の一つに、ポイントサイトを加えませんか。


<下記バナーからの登録で500ポイントが貰えます>

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


ミャンマー総選挙で民主化が加速!今こそミャンマー投資で10倍返しを狙おう!

ミャンマー総選挙で民主化が加速!今こそミャンマー投資で10倍返しを狙おう!(第1,286回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越し下さい。



アジア最後のフロンティア市場と呼ばれているミャンマー。

先日の総選挙で、アウン・サン・スー・チー党首率いる野党、国民民主連盟(NLD)が地滑り的な大勝を収める可能性が強まりました。

長く続いた軍事政権から本格的な民主化へと向かうミャンマー。

投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


ミャンマーでは民主化が始まったばかりで、日本の明治時代のようなイメージです。

ミャンマーの株式市場開設の情報は、一般的にはほとんど知られていません。

よって今なら莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


しかし投資を行う際に大事なのは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

たとえ今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

メルマガ登録は下記バナーからどうぞ。




良好な米雇用統計を受け週明は世界同時株高か!

良好な米雇用統計を受け週明は世界同時株高か!(第1,283回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


注目されたアメリカの10月の雇用統計は予想を上回る好結果でした。

<米・10月非農業部門雇用者数>
前回:+14.2万人(改訂:+13.7万人)
予想:+18.5万人
結果:+27.1万人

<米・10月失業率>
前回:5.1%
予想:5.0%
結果:5.0%

これで12月の利上げはほぼ確実になりました。

通常利上げは株式にはマイナスの影響を及ぼします。

しかし雇用統計発表後のアメリカ株式市場は予想に反して上昇しました。

強い!の一言です。

そして教科書通りドル円は大きく円安に振れ、

121円台から一気に123円台に急上昇しました。


2015y11m07d_215743415.jpg


大幅な円安を受け日経平均先物は19,500円台で終了。

再び2万円を狙える展開になってきました。


思い返せば今年の8月。

中国ショックの影響で世界同時株に見舞われ、

私の投資商品も大きく下落しました。


しかしいつの間にか株価は回復し、

中国ショックの下落分をほぼ埋めました。

週明けは世界同時株高を期待しましょう!!






まだ注目されていないミャンマー投資で大儲けしよう!

まだ注目されていないミャンマー投資で大儲けしよう!(第1,258回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越し下さい。



アジア最後のフロンティア市場と呼ばれているミャンマー。

日本も本腰を挙げて投資を始めるようです。

「日本、ミャンマー特区開発に参加 東南ア最大級」

政府はミャンマー南部で計画する東南アジア最大規模の「ダウェー経済特区」の開発に参加する。ミャンマー、タイ両政府による特別目的事業体(SPV)に出資し、専門家の派遣などで特区の計画づくりを主導する。製造業が集積するタイと現地を結ぶ道路整備も支援し、東南アジアからインドや中東、アフリカの市場をにらむ産業拠点を構築する。日本企業のビジネス機会を増やし、日本の経済成長につなげる。

ソース元:日経新聞電子版


ミャンマーではいよいよ今年の秋に証券取引所が設立される見込みです。

投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


ミャンマーでは民主化が始まったばかりで、日本の明治時代のようなイメージです。

ミャンマーの株式市場開設の情報は、一般的にはほとんど知られていません。

よって今なら莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


しかし投資を行う際に大事なのは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

たとえ今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

メルマガ登録は下記バナーからどうぞ。





世界的株高への条件が整ってきた

世界的株高への条件が整ってきた(第1,257回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


8月~9月に中国ショックに端を発した世界同時株安が起きました。

しかしここにきて状況は改善しつつあり株価も戻り基調になっています。

株価が下落した理由は大きく2つ

①中国の人民元切り下げと経済不調

②アメリカの利上げ懸念

①については、習近平主席がこれ以上の人民元の切り下げは行わないと訪米時に明言しました。また追加の金融緩和や景気刺激策の実施も見込まれ、中国の状況はかなり改善されると思われます。

②については当面の間利上げは行われないとの見方が強まってきています。


以下は日経新聞電子版の記事です。


「世界経済のリスク増大 IMF委声明、米利上げ慎重に 」

【リマ=江渕智弘】国際通貨基金(IMF)は9日、ペルーの首都リマで国際通貨金融委員会(IMFC)を開き、「世界経済のリスクが増大した」との認識を示した共同声明を採択した。中国経済の減速がほかの新興国に波及し、世界経済の下振れにつながっている。「先進国は緩和的な金融政策スタンスを維持すべきだ」とし、新興国経済をさらに冷やしかねない米国の利上げ判断に慎重さを求めた。



加えて日本については日銀による金融緩和期待が根強くあります。

金融緩和が実施されれば、為替は円安に向かい株は上がると予想されます。


このように世界的な株高への条件が整いつつあります。

これから嬉しい展開になることを期待しています!!



トルコリラFXで年20%の高利回り運用を始めよう!


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。



政策金利が7.5%の高金利が魅力のトルコリラ。

私も昨年8月よりFXを通じて積極的に運用をしています。


現在1万トルコリラ当たり110円/日のスワップが付きます(くりっく365の場合)。

1ヶ月で3,300円。1年間で40,150円になります。

例えば20万円で1万トルコリラを買うと、年20%の高利回りになります。

もし100万円で5万トルコリラを買えば年間200,750円貰える計算。

無料で海外旅行に行かれそうな金額ですね。


一方でリスク管理はとても重要です。

現在のレートは1トルコリラ=41円。

今1万トルコリラを買うには41万円必要ですが、FXのテコ原理を使って20万円で買います。

レバレッジは41÷20=2.05倍です。

FXで最も怖いのがロスカットですが、今回の戦略は21円までロスカットされません。

トルコリラの過去最安値は2015年9月に記録した38.83円。

21円は過去最安値から更に半値近くに下落しても耐えられる水準です。

ここで最近のトルコリラ/円のチャートを見てみましょう。


2015y10m10d_210402683.jpg


先月記録した最安値38.83円を底に綺麗に反発しています。

アメリカの利上げ懸念の後退や、日銀の追加金融緩和期待により、今後は更にトルコリラの上昇が期待できます。

もし日銀が追加の金融緩和をすれば、日々のスワップが増える可能性もあります。


まだ歴史的な底値付近のトルコリラ。

低リスクで年20%の利回りは非常に魅力的です。

まずは20万円からトルコリラFXを始めてみませんか。


トルコリラFXなら「くりっく365」のGMOクリック証券がお勧めです

・東証一部上場の「GMOくりっくホーヅティングス」所属

・くりっく365参加の厳格な基準を満たした優良企業

・ネットに特化した優れた取引環境

GMOくりっく証券はくりっく365に参加する企業の中でも特にお勧めです。

まずは無料の口座開設からはじめませんか。




予想を下回る米雇用統計、利上げは年内見送りか

予想を下回る米雇用統計、利上げは年内見送りか(第1,248回更新)

いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。



注目のアメリカ9月の雇用時計は予想を下回る結果でした。

まずは日計新聞電子版の記事をご覧下さい。

「米雇用、9月14.2万人増どまり 利上げ慎重論拡大も」

【ワシントン=河浪武史】米労働省が2日発表した9月の雇用統計(速報値、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数は前月に比べ14万2千人の増加にとどまった。増加幅は市場予測の平均値(20万人)を大幅に下回った。雇用回復の目安とされる20万人に2カ月連続で届かず、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ判断にも影響しそうだ。


利上げが遠のくとの観測から、週末のNYダウは200ドルの大幅高に。

イギリスやドイツ等の欧州市場も軒並み値を上げました。

また週明けの東京市場に影響を与えるシカゴ日経平均先物は17,870円となり、東京市場の金曜日の終値を150円程上回りました。

市場は利上げ観測の後退を歓迎しているようです。

また日銀による追加金融緩和や中国の景気刺激策の思惑も絡み、10月は案外良い方向に向かうかもしれません。

「出口のないトンネルはない」と言いますが、状況が好転に向かうと嬉しいです!



元本20万円で毎月1回無料で豪華ランチを食べられる投資にチャレンジしよう


これは現在私が実践している方法です。

ローリスクで誰でも簡単にできる方法なのでぜひ参考にして下さい。


今注目されている通貨のトルコリラ。

政策金利は驚きの7.5%です。

この高金利を活用して、FXでトルコリラを買えば、毎日高額なスワップが貰えます。

今回は20万円で1万トルコリラを買う戦略を提案します。


今1万トルコリラを買うと毎日120円のスワップが貰えます(安心・公正の取引所FX「くりっく365」の場合)。

1ヶ月で3,600円。1年間で43,800円貰えます。

元本20万円に対する年利回りは21.9%です。

21.9%というのは夢のような高利回りですね。


一方リスクは低く抑えます。

現在のレートは1トルコリラ=40円。

通常1万トルコリラを買うには40万円必要です。

これをFXのテコの原理を使って20万円で買ってみましょう。

レバレッジは40万円÷20万=2倍です。


FXで最も怖いのはロスカットです。

将来トルコリラが暴落すると仮定して、いくらまで耐えられるでしょうか?

答えは20円。

つまりトルコリラが20円以下になるとロスカットされます。


しかしトルコリラの過去最安値は2015年9月に記録した38.83円。

20円は過去最安値から更に半値近くになっても耐えられる水準です。

トルコリラは急落につぐ急落で今は底値圏にあります。

この水準から大きく下落するリスクは低いと言えるでしょう。


ここでトルコリラ円の過去10年間のチャートを見てみましょう。

<過去10年間のチャート>

トルコリラ



ロスカットをあまり心配することなく、安定的なスワップを貰い続ける。

年間利回り21.9%は非常に魅力的ですよね。


1年間で43,800円貰えれば、3,600円の豪華ランチを毎月無料で食べられますね。

もしも元本が40万円なら毎年87,600円。

100万円なら毎年219,000円貰えます。

これだけの不労所得があれば毎日の生活が豊かになりますね。

皆さんもまずは20万円の投資から始めてみませんか!


<くりっく365ならGMOクリック証券がお勧めです>

・東証一部上場の「GMOくりっくホーヅティングス」所属

・くりっく365参加の厳格な基準を満たした優良企業

・ネットに特化した優れた取引環境

GMOくりっく証券はくりっく365に参加する企業の中でも特にお勧めです。

まずは無料の口座開設からはじめませんか。




アジア最後のフロンティア市場!今ミャンマー投資が熱いぞ!

アジア最後のフロンティア市場!今ミャンマー投資が熱いぞ!(第1,193回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に記事を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


アジア最後のフロンティア市場と呼ばれているミャンマー。

日本も本腰を挙げて投資を始めるようです。

「日本、ミャンマー特区開発に参加 東南ア最大級」

政府はミャンマー南部で計画する東南アジア最大規模の「ダウェー経済特区」の開発に参加する。ミャンマー、タイ両政府による特別目的事業体(SPV)に出資し、専門家の派遣などで特区の計画づくりを主導する。製造業が集積するタイと現地を結ぶ道路整備も支援し、東南アジアからインドや中東、アフリカの市場をにらむ産業拠点を構築する。日本企業のビジネス機会を増やし、日本の経済成長につなげる。

ソース元:日経新聞電子版


ミャンマーではいよいよ今年の秋に証券取引所が設立される見込みです。

投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


ミャンマーでは民主化が始まったばかりで、日本の明治時代のようなイメージです。

ミャンマーの株式市場開設の情報は、一般的にはほとんど知られていません。

よって今なら莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


しかし投資を行う際に大事なのは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

たとえ今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

メルマガ登録は下記バナーからどうぞ。






ブログパーツ


アジア最後のフロンティア市場!ミャンマー投資なら大儲けできる!

アジア最後のフロンティア市場!ミャンマー投資なら大儲けできる!(第1,184回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

先日雑誌「月刊BIG TOMORROW8月号」に当ブログが紹介されました。

5月号に引き続き2度目の掲載です。

「夏のボーナスを1年で3倍に増やすやり方」という特集記事の中で紹介されています。





アジア最後のフロンティア市場と呼ばれているミャンマー。

日本も本腰を挙げて投資を始めるようです。

「日本、ミャンマー特区開発に参加 東南ア最大級」

政府はミャンマー南部で計画する東南アジア最大規模の「ダウェー経済特区」の開発に参加する。ミャンマー、タイ両政府による特別目的事業体(SPV)に出資し、専門家の派遣などで特区の計画づくりを主導する。製造業が集積するタイと現地を結ぶ道路整備も支援し、東南アジアからインドや中東、アフリカの市場をにらむ産業拠点を構築する。日本企業のビジネス機会を増やし、日本の経済成長につなげる。

ソース元:日経新聞電子版


ミャンマーではいよいよ今年の秋に証券取引所が設立される見込みです。

投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


ミャンマーでは民主化が始まったばかりで、日本の明治時代のようなイメージです。

ミャンマーの株式市場開設の情報は、一般的にはほとんど知られていません。

よって今なら莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


しかし投資を行う際に大事なのは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

たとえ今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

メルマガ登録は下記バナーからどうぞ。






ブログパーツ



まだ注目されていないミャンマー投資で大儲けしよう!

まだ注目されていないミャンマー投資で大儲けしよう!(第1,146回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越し下さい。



アジア最後のフロンティア市場と呼ばれているミャンマー。

日本も本腰を挙げて投資を始めるようです。

「日本、ミャンマー特区開発に参加 東南ア最大級」

政府はミャンマー南部で計画する東南アジア最大規模の「ダウェー経済特区」の開発に参加する。ミャンマー、タイ両政府による特別目的事業体(SPV)に出資し、専門家の派遣などで特区の計画づくりを主導する。製造業が集積するタイと現地を結ぶ道路整備も支援し、東南アジアからインドや中東、アフリカの市場をにらむ産業拠点を構築する。日本企業のビジネス機会を増やし、日本の経済成長につなげる。

ソース元:日経新聞電子版


ミャンマーではいよいよ今年の秋に証券取引所が設立される見込みです。

投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


ミャンマーでは民主化が始まったばかりで、日本の明治時代のようなイメージです。

ミャンマーの株式市場開設の情報は、一般的にはほとんど知られていません。

よって今なら莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


しかし投資を行う際に大事なのは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

たとえ今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

メルマガ登録は下記バナーからどうぞ。






ブログパーツ



ギリシャデフォルト回避へ、22日に臨時ユーロ圏首脳会議

ギリシャデフォルト回避へ、22日に臨時ユーロ圏首脳会議(第1,145回更新)

これがギリシャの債務問題解決へのラストチャンスになりそうです。


「22日にユーロ圏首脳会議 ギリシャ問題、財務相会合進展なし」

【ルクセンブルク=森本学】ユーロ圏19カ国の財務相は18日、ルクセンブルクで会合を開き、ギリシャへの金融支援を協議したが、進展はなかった。支援の期限が6月末に迫る中、交渉がまとまらなければ、財政難のギリシャが資金枯渇に陥り、財政破綻に向かうリスクがある。欧州連合(EU)は22日夜に、緊急のユーロ圏首脳会議を開催し、首脳レベルでの政治決着を探る。

財務相会合が“不発”に終わったのを受け、EUのトゥスク大統領は会合終了直後に電子メールで、22日午後7時(日本時間23日午前2時)から、ブリュッセルでユーロ圏首脳会議を臨時開催すると表明。「政治のトップがギリシャ問題を緊急に議論すべき時だ」と危機感をあらわにした。

ギリシャ支援を巡っては、支援継続の条件として財政改革の実行を求めるEUや国際通貨基金(IMF)など債権団と、「反緊縮」にこだわるギリシャが対立している。このまま6月末の支援期限を迎えれば、資金難のギリシャはIMFや欧州中央銀行(ECB)への返済が滞る懸念が強まっている。財務相会合で交渉の進展を示せるかが焦点となっていた。

財務相会合のデイセルブルム議長(オランダ財務相)は会合後の記者会見で「ギリシャが提出した提案は、信頼に足るものではなかった」と批判。「数日中」に財政改革案の再提示を求めた。

議長は月内合意がなおメーンシナリオだと強調しつつ、合意できず、ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥った場合の備えも進めていると明かした。IMFのラガルド専務理事も「重要なことは大人同士の対話だ」とギリシャ側の態度を批判した。

一方、ギリシャのバルファキス財務相は会合後の記者会見で、会合では「包括的な改革案」を提示したと説明。EUなどが要求する年金支給削減について、すでに大幅に削減してきたとしたうえで、「低所得の年金生活者に大きな不満を生み出す」と反論した。

ソース元:日経新聞電子版


この会議で合意に達しないとギリシャのデフォルトは決定的になります。

ギリシャのデフォルトは一時的にあらゆるリスク資産を下落させるでしょう。

しかし一時的に下がった時がまさに絶好の仕込み時。

私は「その時」に備えて160万円のキャッシュを用意しました。

トルコリラが大きく下がったら仕込みたいと思います!


<トルコリラFXで高額スワップを稼ごう!>

トルコの政策金利は7.5%と非常に高く、日本のゼロ金利と比べると夢のような高金利です。

皆さんもこの高金利を活用して、低リスクで、高額スワップを稼ぎましょう。


現在1万トルコリラ当たり、毎日100円のスワップが貰えます。

1ヶ月で3,000円、1年間で36,500円になります。


問題は1万トルコリラをいくらで買うかです。

今回は1万トルコリラを20万円で買ってみます。

20万円に対して年間36,500円貰えるので、年利回りは18.25%。

日本ゼロ金利と比べると、夢のような高利回りです。


元本が2倍の40万円ならスワップは2倍の73,000円。

100万円なら5倍の182,500円になります。

毎年タダで海外旅行に行けますね。


一方でリスクは極力抑えます。

現在の為替レートは1トルコリラ=45円。

通常1万トルコリラを買うには45万円が必要です。

これをFXのテコの原理を使い、1万トルコリラを20万円で買います。

レバレッジは45万円÷20万円=2.25倍とかなり低い設定です。


FXで避けなければならないのはロスカット。

将来トルコリラが暴落すると、いくらまで耐えられるでしょうか?

答えは25円。

トルコリラが25円を割るとロスカットされます。


しかしトルコリラの過去最安値は2011年に記録した40.28円。

26円は過去最安値から更に35%下落しても耐えられる水準です。

米ドルに例えると、過去最安値の75円から35%下落した、49円まで耐えられるイメージです。

米ドルが将来49円になるとは考えにくいですね。

リスクは非常に低いと言えるでしょう。


ここでトルコリラの過去10年間のチャートを見てみます。


<過去10年間のチャート>

トルコリラ

チャートから現在の46円台は過去最安値レベルなのが分かります。


最後に私がトルコリラFXに注目する理由をまとめます。

●高い金利は通貨が弱い証拠。
トルコリラはもう十分弱いのでこれ以上下がるリスクは低い。
つまり今が底値近辺だと言える。

●レバレッジ2倍程度ならロスカットはまず心配ない。
しかも為替が史上最安値近辺の今がまさにトルコリラの仕込み時である。

●もしも今後トルコの金利が下がれがスワップも減る。
しかし金利が下がれば経済が刺激されて逆に通貨は強くなる。
つまり為替差益が期待できる。

※トルコは先進国の証のOECDの正式加盟国。

国家としての信頼性は比較的高い国です。


ロスカットをあまり心配することなく、安定的なスワップを貰い続ける。

スワップ派は精神的にも負担の少ない投資方法なのです。


増税等で負担が増えていく中、安定的な副収入は生活を豊かにします。

皆さんもトルコリラFXをポートフォリオの一つに加えてみませんか。




<初めてのトルコリラFXならマネースクエアジャパンがお勧めです>


トルコリラFXを取り扱っている会社は非常に限られています。

中でも初心者の方へのお勧めはマネースクエアジャパンです。

その理由は3点。

高い安全性
東証一部上場のマネースクエアHDのグループ会社。徹底した顧客資産の信託保全で安心です。

業界最高水準のスワップポイント
スワップは高い方が有利。マネースクエアジャパンのトルコリラ/円のスワップは業界最高水準です。

スワップで得た利益だけの引き出し可能
ポジションを解約することなくスワップで得た利益だけの引き出しが可能。毎月のお小遣い感覚で始められます。


今なら嬉しい口座開設キャンペーン中です。

まずは無料の口座開設からはじめましょう。




ブログパーツ


東電がTポイント導入…新たな顧客獲得狙う

東電がTポイント導入…新たな顧客獲得狙う(第1,109回更新)

いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越し下さい



読売新聞で注目の記事を見つけました。

「東電がTポイント導入…新たな顧客獲得狙う」

東京電力は20日、ファミリーマートやTSUTAYA(ツタヤ)などで使える「Tポイント」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と業務提携したと発表した。

2016年4月に予定される電力小売りの全面自由化に合わせて、支払った電気料金に応じてポイントが付くサービスなどを導入する。利用者がポイントで電気料金を支払う仕組みなども検討する。

Tポイントの会員数は約5300万人。東電は、今の利用者をつなぎとめるほか、関東地方以外での新たな顧客の獲得を図りたい考えだ。東電はローソンなどで使える「Ponta(ポンタ)」の運営会社とも提携しており、利用者がどちらのポイントをためるか選べるようにする。

東電は事実上の値引きとなるポイント制度の拡大に加えて、利用者のサービスを高めるため、リクルートグループと提携したほか、ソフトバンクモバイルやガス会社などと提携交渉を進めている。

ソース元はこちらです

僕はTポイントを積極的に利用しているので、具体的なサービス内容の発表が楽しみです!



<政策金利7.5%!トルコリラ急落は絶好の買い時!!>

今力を入れてるのは、トルコリラFXのスワップ獲得作戦。

そのトルコリラが急落しています。

現在の相場は1トルコリラ=44円。

ほんの4ヶ月前は53円だったので、短期間で17%以上の急落です。


外貨はなるべく安い時に仕込んだほうが有利なので、、

この急落はトルコリラに投資する絶好のチャンスだと言えます。


トルコの政策金利は7.5%と非常に高く、日本のゼロ金利と比べると夢のような高金利です。

この高金利を活用して、低リスクで、高額スワップを稼ぎましょう。


現在1万トルコリラ当たり、毎日100円のスワップが貰えます。

1ヶ月で3,000円、1年間で36,500円になります。


問題は1万トルコリラをいくらで買うかです。

今回は1万トルコリラを20万円で買ってみます。

20万円に対して年間36,500円貰えるので、年利回りは18.25%。

日本ゼロ金利と比べると、夢のような高利回りです。


元本が2倍の40万円ならスワップは2倍の73,000円。

100万円なら5倍の182,500円になります。

毎年タダで海外旅行に行けますね。


一方でリスクは極力抑えます。

現在の為替レートは1トルコリラ=44円。

通常1万トルコリラを買うには44万円が必要です。

これをFXのテコの原理を使い、1万トルコリラを20万円で買います。

レバレッジは44万円÷20万円=2.2倍とかなり低い設定です。


FXで避けなければならないのはロスカット。

将来トルコリラが暴落すると、いくらまで耐えられるでしょうか?

答えは24円。

トルコリラが24円を割るとロスカットされます。


しかしトルコリラの過去最安値は2011年に記録した40.28円。

24円は過去最安値から更に40%下落しても耐えられる水準です。

米ドルに例えると、過去最安値の75円から40%下落した、45円まで耐えられるイメージです。

米ドルが将来45円になるとは考えにくいですね。

リスクは非常に低いと言えるでしょう。


ここでトルコリラの過去10年間のチャートを見てみます。


<過去10年間のチャート>

トルコリラ

チャートから現在の44円台は過去最安値レベルなのが分かります。


最後に私がトルコリラFXに注目する理由をまとめます。

●高い金利は通貨が弱い証拠。
トルコリラはもう十分弱いのでこれ以上下がるリスクは低い。
つまり今が底値近辺だと言える。

●レバレッジ2倍程度ならロスカットはまず心配ない。
しかも為替が史上最安値近辺の今がまさにトルコリラの仕込み時である。

●もしも今後トルコの金利が下がれがスワップも減る。
しかし金利が下がれば経済が刺激されて逆に通貨は強くなる。
つまり為替差益が期待できる。

※トルコは先進国の証のOECDの正式加盟国。

国家としての信頼性は比較的高い国です。


ロスカットをあまり心配することなく、安定的なスワップを貰い続ける。

スワップ派は精神的にも負担の少ない投資方法なのです。


増税等で負担が増えていく中、安定的な副収入は生活を豊かにします。

皆さんもトルコリラFXをポートフォリオの一つに加えてみませんか。



<初めてのトルコリラFXならマネースクエアジャパンがお勧めです>


トルコリラFXを取り扱っている会社は非常に限られています。

中でも初心者の方へのお勧めはマネースクエアジャパンです。

その理由は3点。

高い安全性
東証一部上場のマネースクエアHDのグループ会社。徹底した顧客資産の信託保全で安心です。

業界最高水準のスワップポイント
スワップは高い方が有利。マネースクエアジャパンのトルコリラ/円のスワップは業界最高水準です。

スワップで得た利益だけの引き出し可能
ポジションを解約することなくスワップで得た利益だけの引き出しが可能。毎月のお小遣い感覚で始められます。


今なら嬉しい口座開設キャンペーン中です。

まずは無料の口座開設からはじめましょう。




ブログパーツ



第32回SBI社債、年率1.43%で発売へ!

第32回SBI社債、年率1.43%で発売へ!(第1,069回更新)

ご訪問ありがとうございます。

当ブログが雑誌「Big Tomorrow」の5月号で紹介されました。

「レバレッジを使って毎月20万円を稼ぐ」」という特集の中に掲載されています。


BIG tomorrow(ビッグトゥモロ 2015年 05 月号 [雑誌]BIG tomorrow(ビッグトゥモロ 2015年 05 月号 [雑誌]
(2015/03/25)
不明

商品詳細を見る





2015y04m10d_220700418.jpg


毎回大人気の即日完売。

待望のSBI債が発売が決定しました!

以下SBI証券からの情報メールの転載です。

「お待たせしました!
多くのお客様にご支持いただいております「SBIホールディングス社債(愛称:SBI債」を販売いたします。年率は1.43%(税引前)に決定いたしました。4/13(月)12:00から、抽選のお申し込みを開始いたしますので、ご希望の方は、早めにお申し込みください。」


2015y04m11d_092111352.jpg

2015y04m11d_092132750.jpg


【SBI債ってどんな商品?】

1)円建
為替が円高に推移しても、円安に推移しても、投資元本が変動することはありません!

2)短期
満期が1年なので、使途が明確な資金でも効率的に運用することができます!

3)小額
10万円以上10万円単位でお申し込みが可能!SBI債初心者の方もお気軽にお買付いただけます!


超低金利の今、これだけの好条件は群を抜いています。

毎回当然告知が来て2~3日後に締め切られてしまいます。


この社債を買うにはSBI証券に口座を持っていることが絶対条件です。

SBI証券に口座を持っている方は、ぜひ抽選に参加しましょう。

発売の告知をされてから口座開設を申し込んでも間に合いませんので、まだ口座を持っていない方は、次回の起債に備えて、今のうちにSBI証券の口座開設を済ませておきましょう。


口座開設はこちらからどうぞ。




ブログパーツ


マイナンバー 資産も把握 預金に適用、公平な税徴収めざす

マイナンバー 資産も把握 預金に適用、公平な税徴収めざす (第1,054回更新)

ご訪問ありがとうございます。

当ブログが雑誌「Big Tomorrow」の5月号で紹介されました。

「レバレッジを使って毎月20万円を稼ぐ」」という特集の中に掲載されています。


BIG tomorrow(ビッグトゥモロ 2015年 05 月号 [雑誌]BIG tomorrow(ビッグトゥモロ 2015年 05 月号 [雑誌]
(2015/03/25)
不明

商品詳細を見る



先日、日経新聞電子版で注目の記事が出ていました。


「マイナンバー 資産も把握 預金に適用、公平な税徴収めざす」

政府は10日、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)の利用範囲を広げるマイナンバー法改正案を国会に提出した。資産を把握するため預金口座への適用を2018年から任意で始め、医療情報への活用も一部で認める。利用範囲を急に広げることには慎重論もある。口座への適用の義務化や医療情報での全面利用も今後の課題となる。

マイナンバーは15年10月から日本に住む全ての人に通知が始まる12桁の番号だ。16年から国や自治体が税、社会保障、災害対策の3分野に限って個人情報の管理に活用することがすでに決まっている。番号で情報を名寄せできるようにして、行政事務の効率化、税金と保険料の徴収、給付の適正化につなげる。

税や保険料の徴収には、資産の把握が必要だとして改正案には新たに預金口座への適用を盛り込んだ。18年から預金者に対して、口座を持つ銀行にマイナンバーを報告するよう求める。

税務署などの行政機関は、脱税や生活保護の不正受給といった疑いのある人の口座情報を銀行から得やすくなる。麻生太郎財務相も10日、「(税の)徴収にも利用できて公平適正な納税につながる」と述べた。

ただ、銀行へのマイナンバーの報告は当面、強制力はない。国にとってはすべての口座にマイナンバーがある方が資産を把握しやすいが、「預貯金全体に告知義務を課すことについては議論がある」(麻生財務相)。

預金口座の情報をマイナンバーで確実に把握されることに抵抗を持つ人は多い。さらに、銀行の事務負担が膨大になり、対応しきれない懸念もある。国内の銀行には個人預金口座が約8億ある。長く使われていない休眠口座は、持ち主と連絡が取れないことも多い。

政府は進捗状況を見極めて、21年をめどに義務化するかどうか判断する方針だ。

ソース元はこちらです


ついに政府も本腰を入れましたね。

自分の個人情報が政府に筒抜けになるのは、なんとなくイヤな感じですが、これも時代の流れなのでしょうね。




<政策金利7.5%!トルコリラ急落は絶好の買い時!>

今力を入れてるのは、トルコリラFXのスワップ獲得作戦。

そのトルコリラが急落しています。

現在の相場は1トルコリラ=46円。

ほんの3ヶ月前は53円だったので、短期間で13%以上の急落です。


外貨はなるべく安い時に仕込んだほうが有利なので、、

この急落はトルコリラに投資する絶好のチャンスだと言えます。


トルコの政策金利は7.5%と非常に高く、日本のゼロ金利と比べると夢のような高金利です。

この高金利を活用して、低リスクで、高額スワップを稼ぎましょう。


現在1万トルコリラ当たり、毎日100円のスワップが貰えます。

1ヶ月で3,000円、1年間で36,500円になります。


問題は1万トルコリラをいくらで買うかです。

今回は1万トルコリラを20万円で買ってみます。

20万円に対して年間36,500円貰えるので、年利回りは18.25%。

日本ゼロ金利と比べると、夢のような高利回りです。


元本が2倍の40万円ならスワップは2倍の73,000円。

100万円なら5倍の182,500円になります。

毎年タダで海外旅行に行けますね。


一方でリスクは極力抑えます。

現在の為替レートは1トルコリラ=46円。

通常1万トルコリラを買うには46万円が必要です。

これをFXのテコの原理を使い、1万トルコリラを20万円で買います。

レバレッジは46万円÷20万円=2.3倍とかなり低い設定です。


FXで避けなければならないのはロスカット。

将来トルコリラが暴落すると、いくらまで耐えられるでしょうか?

答えは26円。

トルコリラが26円を割るとロスカットされます。


しかしトルコリラの過去最安値は2011年に記録した40.28円。

26円は過去最安値から更に35%下落しても耐えられる水準です。

米ドルに例えると、過去最安値の75円から35%下落した、48.75円まで耐えられるイメージです。

米ドルが将来48.75円になるとは考えにくいですね。

リスクは非常に低いと言えるでしょう。


ここでトルコリラの過去10年間のチャートを見てみます。


<過去10年間のチャート>

トルコリラ

チャートから現在の46円台は過去最安値レベルなのが分かります。


最後に私がトルコリラFXに注目する理由をまとめます。

●高い金利は通貨が弱い証拠。
トルコリラはもう十分弱いのでこれ以上下がるリスクは低い。
つまり今が底値近辺だと言える。

●レバレッジ2倍程度ならロスカットはまず心配ない。
しかも為替が史上最安値近辺の今がまさにトルコリラの仕込み時である。

●もしも今後トルコの金利が下がれがスワップも減る。
しかし金利が下がれば経済が刺激されて逆に通貨は強くなる。
つまり為替差益が期待できる。

※トルコは先進国の証のOECDの正式加盟国。

国家としての信頼性は比較的高い国です。


ロスカットをあまり心配することなく、安定的なスワップを貰い続ける。

スワップ派は精神的にも負担の少ない投資方法なのです。


増税等で負担が増えていく中、安定的な副収入は生活を豊かにします。

皆さんもトルコリラFXをポートフォリオの一つに加えてみませんか。



<初めてのトルコリラFXならマネースクエアジャパンがお勧めです>


トルコリラFXを取り扱っている会社は非常に限られています。

中でも初心者の方へのお勧めはマネースクエアジャパンです。

その理由は3点。

高い安全性
東証一部上場のマネースクエアHDのグループ会社。徹底した顧客資産の信託保全で安心です。

業界最高水準のスワップポイント
スワップは高い方が有利。マネースクエアジャパンのトルコリラ/円のスワップは業界最高水準です。

スワップで得た利益だけの引き出し可能
ポジションを解約することなくスワップで得た利益だけの引き出しが可能。毎月のお小遣い感覚で始められます。


今なら嬉しい口座開設キャンペーン中です。

まずは無料の口座開設からはじめましょう。




ブログパーツ


アジア最後のフロンティア、ミャンマー株で10倍返しを狙おう!

アジア最後のフロンティア、ミャンマー株で10倍返しを狙おう!(第1,050回更新)

いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越し下さい。



アジア最後のフロンティア市場と呼ばれているミャンマー。

いよいよ今年の秋に証券取引所が設立される見込みです。


まずは日経新聞電子版の記事をご覧ください。


「ミャンマー初の証取、来秋に 運営会社の設立調印式 」

【ネピドー=松井基一】ミャンマーの首都ネピドーで23日、同国初となる証券取引所の運営会社の設立調印式が開かれた。国営ミャンマー経済銀行、大和総研、日本取引所グループの合弁で来年10月の取引開始を目指す。記念式典でウィン・シェイン財務相は「企業の資金調達に道を開きミャンマー経済を活性化する」と期待を述べた。近く証券会社の免許を公募する方針も明らかにした。

 運営会社の資本金は320億チャット(約37億円)。ミャンマー政府によると出資比率はミャンマー経済銀が51%、大和総研が30.25%、日本取引所が18.75%。取引所の名称はヤンゴン証券取引所で最大都市ヤンゴンに立地する。ウィン・シェイン財務相は式典で取引所への参加を希望する証券会社向けに(1)引き受け(2)委託売買(3)自己売買(4)財務助言――の4種類の免許を新設する方針を示した。1月にも免許申請の受け付けを始める。

 ミャンマーでは2012年春、中央銀行と大和総研、日本取引所グループの前身の東京証券取引所が証取の開設を共同で進めることで合意。13年夏には証券取引法も制定され、今年8月には証券取引を監督する政府機関も発足した。現在、大和証券グループが上場候補企業の開拓を進めており、証取開設当初、銀行やコメ販売会社など5社前後のミャンマー企業が上場するとみられている。

 式典には大和総研の深井崇史社長も参加し、「株式の電子化や決済、配当金の振り込みなどを一元管理できる最先端のシステムを導入する」とあいさつした。大和証券グループと協力し、「3年後に50社、5年後に100社の上場を目指す」(深井社長)という。ミャンマー政府は11年春の民主化後、金融部門の近代化を加速している。今年10月には軍政時代に認めてこなかった外国銀行の営業を解禁。保険業やクレジットカードの発行業務の外資開放も検討している。


ソース元はこちらです


投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


ミャンマーでは民主化が始まったばかりで、日本の明治時代のようなイメージです。

ミャンマーの株式市場開設の情報は、一般的にはほとんど知られていません。

よって今なら莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


しかし投資を行う際に大事なのは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

たとえ今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

メルマガ登録は下記バナーからどうぞ。






ブログパーツ


カウンター
アクセスカウンター
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
応援クリックをお願いします♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
21位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

ベトカブ

Author:ベトカブ
節約とコツコツ投資で資産1億円を築きました。今は自由できままなセミリタイア生活を満喫中です。得意分野は、家計改善、節約、株式投資、配当金、株主優待、副業です。

横浜出身&東京在住のアラフィフ男性。安くて美味しいB級グルメに目がありません。性格は明るく前向き。好きな言葉は「明日は明日の風が吹く」で、割りと楽観主義です。

アメリカの大学に留学したおかげて人生の視野が広がりました。楽しいことが大好きです!

周りの人達からは「笑顔がイイネ」とよく言われます。ぜひ一度「ベトカブスマイル」をご覧下さい(笑)

資産1億円の女性を育てる「億女育成コーチ」と活動中です。私と同じように「人生を変えたい!」と思う方はお気軽にご相談下さい。

私への連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
相互リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ